オリーブは品種が多い。 オイルはクレングオイル、食用などいろいろに利用され成分も優れている。

FrontPage

オリーブオイルの世界的産地といえば

オリーブオイルといえば、地中海、イタリアやスペインなどを思い浮かべるが、オリーブの生育の天候、それはやはり栽培に適した気候にあるからに他ならない。もちろん、栽培されるということは、それだけ国内での消費量も多いことになる。バージンオイルは食材としても有名です。

woman

日本のオリーブ産地

日本にもオリーブのある島が存在する。それが気候が似ている、地中海ならぬ瀬戸内海に浮かぶオリーブの小豆島だ。島内にはオリーブに由緒ある、オリーブ公園があり、そこでは温泉などのリゾート施設のほかに、オリーブ首飾り作りやオリーブプレート作りを体験できる、ハーブクラフト館など一度は訪れたい場所でもある。

オリーブオイルの種類

  • リーブから油を抽出する工程で出来るもので、オリーブ果実から絞りたてのバージンオリーブオイル、精製した精製オリーブオイル、通常一般に市販されている「オリーブオイル」がある。
  • 種類としてはレッチーノ、ピクアル、ミッション…などなどがオリーブの品種です。
  • オリーブの品種は世界各国に400〜500種以上あるともいわれ、スペインではピアクル、オビランカといった品種が多い。
  • イタリアではフラントイオ、モロイオロなど。
  • 日本ではミッション、マンザニロといった品種が栽培されている。
  • オリーブオイルはオリーブの品種、産地、摘んだ時期、そして搾り方によっても、テイスト異なり、等級分けされている。
  • 日本に輸入されているオリーブオイルは3種類程度。

オリーブオイルの成分

  • 脂肪酸、ミネラル、ビタミンと大きくは3種類の成分を含んでいる。
  • 他の油に比べて、多くのオレイン酸が含まれている。割合は脂肪酸中75〜78%含有。
  • カロリーは他の油と同じで1g=9Kcal(他のオイルは1g=約9Kcal酸化が早い、時間を置くと風味と栄養分が無くなって来る。
  • オリーブオイルは精製後1年〜2年以内に使うことが望ましい。

オリーブオイルと女性

  • オリーブオイルは、食用としてはもちろんのこと、女性の使う
    オリーブクレンジングオイルとしてや石鹸としても多いに活躍してくれる存在だ。
  • 糖代謝を活性化させるので、皮下脂肪の主成分である中性脂肪がつきにくくなり、整腸作用や胃健作用もあるので健康的に効果あるオリーブ ダイエットをするのに最適です。

オリーブオイルの効果

  • 他の植物油よりビタミンEを供給してくれ、その量は3〜6倍も多い。
    アトピー性皮膚炎にも効果あるといわれている。
  • 糖尿病に効果あり、インシュリン抵抗やインシュリンの有害な影響を防ぐ。
  • 中性脂肪を下げて、HDL-コレステロール値を上げる。
  • 血中ぶどう糖のコントロール性もよくなる。
  • 血圧も正常値にコントロールする。
  • 胸や前立腺、子宮内膜、消化器系の悪性腫瘍から守る効果がある。
  • バクテリアやウイルスなどの微生物から防護する免疫を強くする。
  • 定期的に摂ることで、リュウマチ様関節炎を発症率を減少少する。
  • 胃に優しくて消化吸収のよい脂質。
  • オリーブ油には下剤成分効果があるので便秘の方にもお奨めです。

料理を生かす利用方法

  • オリーブオイルはどちらかというとドレッシングに近いようなイメージもあります。
  • イタリア料理で出てくるサラダなどでは、野菜にオリーブオイルをかけ少しの塩などで味付けをして食べる。
    • オリーブ油はパスタや野菜、豆、魚介の料理によく合う。
    • 地中海食が健康にいいのは、肉の摂取量が少なく、パスタや野菜などをたくさん食べるためといわれています。

関連商品の通販ショップ

人気のオリーブオイル商品カタログ

powered by Quick Homepage Maker 4.23
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional